FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.07.19

原始記憶が蘇ると?!

先日、『レナードの朝』で若者の「デザイナー・ドラッグ」の話に、
とんでもないショックを受けたことを語った(→コチラ)。
しかし目下、認知症を追っかけている朝比奈としての本筋は、
“脳”における“記憶のシステム”である。

とりわけ重くのしかかってきたのは、人類進化過程の記憶だ。
脳容量が1300~1500㎤あり、額が膨らんで、下顎の先が形成された現生人類、
“ホモ・サピエンス・サピエンス”からの記憶である。
ふだん、何の疑いもなく、文明国の社会人認識で生きているこの自分。
古人類学の歴史をたどれば、現在の定説では、
40~25万年前に出現したヒトの子孫らしい。ふむ、ふむ。
そのコトが、『レナードの朝』のL-DOPA(レボジヒドロキシフェニルアラニン)
投与による反応として、出現したことにゾッ!とした。

Levodopa3D.png

パーキンソン症候群患者のフランシス・Dは、
「心の奥深くに古くから存在するなにかの『解放』『暴露』『解明』『告白』
のように感じられ……」
「その怪物は無意識やそのもっと下の想像もできないような深さに、――
おそらく人類誕生以前から存在していたもので、――夢のように奇妙な親しみを
抱かせる存在だった」
と。

この自分の脳の中に、感情や意図を言葉で表現できなかったころの
情動の記憶が、現存しているのだ!
こうした「超古い記憶」は、瞑想実修のかなり進んだ段階で、瞑想中より、
朝方のREM(rapid eye movement)睡眠時に出現することがしばしばある。
「レム睡眠の特徴は、覚醒時とよく似た生理的活動を示すことで、
血液と酸素が大量に脳へ流れ、―――夢をみており――」と広辞苑。

また、脳が薬剤の作用で、その通常のコントロール機能を損ねると、
とてつもない力があふれて、驚くべき暴力を爆発させる。
アルツハイマー型認知症を追っていると、時には、70歳代の患者たちが
100㎞を超える距離を彷徨し続けるという事実に出会う。いわゆる老人迷子である。
日常生活で健康な高齢者たちの場合だが、もくもくと、
途方もない距離を歩き続けられるその体力が、不可解だった。
しかし、脳システムが原始modeに入ると、原始体力が蘇るのかも知れない!
“脳”とは、なんと凄まじい組織・器官なのだろう。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
2018.07.09

アルコール依存症になった!?

このところ朝比奈の脳クンは、アルコール依存症になっている。
曇天の土曜日あたりには、まずもって、素直には立ち上がらない。
といって、チャランポランさせておくような悠長な余裕などない!
そこで、ヤツを、朝から蹴とばすことになる。
どうやって? アルコールで火を点けるのだ!

マグカップに熱々の紅茶をナミナミと淹れ、ガス台に置く。
大匙にナミナミとウイスキーを注ぎ、静かにマグカップに差し渡す。
割り箸を1本用意。ガスに火を点け、割り箸の先に炎を移す。
この炎を、静かに手早く、大匙上に移動させてかざす。
ポッ!と、青い炎がスプーン上を這う。
ウイスキーを、静かに紅茶に注ぎ込むと、
青い炎は熱々の紅茶面を這い、立ち昇る。
なんとまぁ! 美しいeventだろう!
紅茶の香りと、ウイスキーの甘い香りが交じり合って、うっとり!

tea_02.jpg

静かにスプーンを沈め、引き上げ、紅茶を口に含む。
脳クンはわくわくと立ち上がり、シャキシャキと働きだす。
ヨォ! 今日も、アクセル踏もうぜ! アイアイOK。
お前、いいヤツだなー。
「こんな具合なんだけど、アルコール依存症になってるかなぁ?」と、
相棒のSに、判定を乞う。
「そんな少量では……でも、依存症は量じゃないかも知れません」とS。
「うーん……儀式依存、宗教の範疇かもねぇ、どうしよう!」
「そのうち、そんなメンドーなこと、飽きるんじゃないですか?」
「Oh! Good! それに賭けよう!」


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.06.29

脳はカシコイ! アルツハイマー型認知症の秘密

フランスはヤッタ!
認知症薬を保険適用外にしたのだが、日本はジャブジャブと、
保険支払いをこのまま続けるのだろうか?
米国は、トランプ大統領が就任直後に、認知症新薬の開発を全面ストップさせた。
「ほとんど効果が見込めない」というのがその主な理由だった。
朝比奈は、この新薬開発の臨床治験にエントリーしていたので、多少とも、
内部事情を知っている。認知症新薬の開発は、
国際投資市場における仕手カードだったのだ!

今回フランスは、「8月から全額自己負担になる」と。
理由は、専門機関の評価が「有用性が低い」から「不十分」に格下げとなったため。
該当薬品名は新聞記事ご参照を。驚くのは、日本における同類薬の処方量の多さだ!
オーストラリアの少なくとも5倍云々。一般に、日本人は「薬好き」である。
高齢者の中には、5~6種類も自慢げに服用している人も少なくない。

日本において、認知症高齢者を抱える家族の皆さんは、
「抗認知症薬は病気の進行を1年ほど遅らせることができ――」という、
大学教授のコメントを、どう受け止めるだろうか?
実を言えば、昨年3月に、朝比奈はこの教授にインタビューしている。
その際に彼は、“アルツハイマー型認知症”と、
動脈硬化など“脳血流障害による認知障害”を、一括りに話した。
シロウト相手の話かも知れないが、何度かツッコミを入れてみるうち、
ご機嫌があやしくなったので、うまく切り抜けて終了へ。

それはともかく、病院の先生方への「製薬会社の売込み」の熾烈な競争は、
どれほど知られているだろうか?
「病気の進行を1年ほど遅らせることができ――」というDATAは、
どのように採られたのだろう? 論理的に考えれば、
服薬中の患者の、服薬無しの場合との比較はできないのでは?
そして、患者の身体条件はヒトである以上、それぞれみな異なるのだから。
患者さん本人はもちろん、家族も、なぜ? 認知症予防を考えないのだろう?

7017122981_d82fc65e00_z.jpg
Dementia - Future projections,
by UK Prime Minister


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.03.12

楽しく脳を活性化する方法

3月10日(土曜)の午後、東京都港区麻布区民協働スペースで開催された
「シナプソロジー体験」に、参加してみた。
“シナプソロジー”とは、何か? に興味シンシンだったから。
そして何より「認知症を予防するためには」という、
朝比奈の追求ジャンルの“お題”だったから。

開始すれすれに滑り込んだ朝比奈は、そこしか空いてない、最前列へ。
過日スッコロンで(→コチラ)、メガネが壊れてしまった朝比奈には好都合だ。
若くてステキなオニイサン(朝比奈の好み)が講師だったからルンルン!
基本的なお話の後、脳活性化プログラム『シナプソロジー』へ突入。
10~20分で、効果が発生し、「脳がよろこぶ! 笑顔がうまれる!」と。

何より気に入ったポイントは、「運動強度を高めることが目的ではない」→
「考える」→「混乱を楽しむ」ということである。
「混乱を楽しむ」というのが、気に入った。だが、しかし……、
この「混乱=脳内情報と神経レスポンスのmismatchで
スッコロンだ」
朝比奈は、目を? アタマを? ピカピカと光らせた。
たしかに、とても良くできたprogramである。が、
日ごろ、自分ひとりで、自宅で行うには無理がある。
数人のGroupで、場所やprogram進行がcontrolされていないと、無理だ。
そもそも、高齢者の自宅引きこもり予防、そのprogram menuなのだ。

3091945430_3013fc7795_z.jpg
Photo by macguys

朝比奈のように“お勝手自由人”は、solo menu であり、かつ、
その場の雰囲気で楽しむというより、脳クンがOh! と、ひとりでexciteしてくれ、
ハマッテくれなくては困る。うーん、当日の参加者の何人が、
お手玉やカラー・スカーフなど、さまざまなお遊びgoodsを用意して、
日常的に脳training に励むだろうか? なんてったって脳クンは、
自身が「おもろ~い!」と認知しなければ、throughなのだから。
つくづく「コレはやっぱ、若い先生方が、すでに曖昧な表現しかできない
お年寄りのDATAに基づいて、幼児の発達programをarrangeしたんとちゃう?」 
だって、若い、エライ先生方は、幼児は育てていても、
ロージンは、育てていないんだから。

ふと、20年くらい前の記憶が蘇った。
朝比奈が、当時90歳の母にヘルパーさんを付けて、
区内の福祉会館で開催されていた「高齢者program」に参加させた時のこと。
帰宅した母は「幼稚園の子供みたいな遊びをやらされて……
まったく、年寄りをバカにしている!」と。
今回の参加で、深く納得!
つまりprogramを策定・運営するヒトは若い。したがって、自身の老齢経験はない!
この、根本的に当たり前の事実が無視されている。
いや、無視も何も、「思い及ばない」というのが理の当然だろう。
高齢者の朝比奈は、若者たちとの斬新でdeepなsessionを望んでいます!

明日に続く・・・・・・


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


2018.02.20

YOGA婆さん、ころんだ!

朝比奈の顔は現在、フランケンシュタイン状態である。
先日、日曜の夕刻、横断歩道で転んだのだから、極めて危ない!
YOGA屋がナント、看板倒れ、典型的婆さんなのだ。
そこで早速、問題の傾向と対策。まずは問題分析から。

問題が、どこにあったのか、といえば脳である。
朝比奈の脳の作動傾向として、つねにrandom access をやっている。
意識の流れのかたわらで、ウロウロと
オモロそうなネタだったり、acrobat的展開だったりを、探しては組合せ、
捨ててはまた、新撰組を作ったり、という具合。
横断歩道のすぐ横に激安果物屋さんがあって、カラフルな果物が、
ぴかぴかとウィンク。Oh! コレは帰りにGet! うん?
ところで、COSMIC LANDSCAPEはどう展開していくのかな?
?これからドコへ行くんだっけ? そうそう、浴用セッケン、どこ?
今夜のお風呂。ほら、トイメンのdrug 屋。

だいたい朝比奈の脳はvisual系である。
セッケンと入浴剤とhand creamのpackage designが躍り出す。
入浴剤はKNEIPPのラベンダー……と、突然!
ひっくり返ってズデン! メガネが飛び散り、顔からドクドクダラリと、
暗赤色の粘稠度の高い流体が流れ落ちてくる。
どこかの、優しい、ステキな男性が駆け寄り、メガネの残骸を拾い、
朝比奈を抱き起こし、支えて歩道へ歩かせてくれる。
ちっとも痛くない。なんてステキなオニイサマなんだろう。
「あっ、大丈夫です」と、ひとりで歩き出した。

自宅まで5分。玄関を入ると、洗面所の鏡。
なんだこりゃ!フランケンシュタイン! 超ヤバ!!
滅菌ガーゼで押さえ、先ほどの現場へ出かけ、タクシーをGet!
「K大学病院の救急入り口へ!」と、まあ、駆け込んだのであります。
日曜日の時間外だから、応急処置のみ。と、まあ、フランケンの出来上がり。
よくやりますねぇ、コリもせず。天中殺、関係あるかなぁ。
というより何より、朝比奈のとてもコマッタ、脳のシステム構造なんですよ。

???どんな構造? ぴょんぴょん、どこにでも飛んで行っちゃう、
見境なしに、そして組合せの妙を狙う、というシステム教育をしてる。
ところがコイツラ、おもろいコトを見つけると、見境なくすっ飛ぶ。
両足が交互に前へ、きちんと、リズミカルに出ないと、
スッ転ぶなんて、全く理解していないのか、無視しているのか?
いい婆にして、まったく困ったもんだ!

30412068580_4e46072d3f_z.jpg
Photo by IronHide


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。