information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.06.07

ナクソス島のアリアドネの追憶

初夏満載の誕生日は、ほぼ認識なく過ぎ去っていった。
たぶん、年齢が重すぎたからカル~ク飛んでいったのだろう、めでたし。
数年ごとに、脳の中に浮かぶ光景がある。光あふれる地中海だ。
そのうちクルーズで巡りたい、と思いながら数十年が過ぎた。
年齢を重ねるごとに、おかしなことに、その脳内風景が輝きを失ってきたのだ。

歳をとれば、脳の老化で? 何事にも感動や希望・待望は薄らぐものだが、
どうやら、そればかりとは言えないようだ。
そこで、その原因・理由を追究してみた。
この2~3年のうちに、古代から中世までの地中海周辺地域の歴史・地理を、
興味半分・お勉強4分の1、仕事4分の1の割合で学んだ。
この過程で、美しい風光・芸術品・文化などなどへの夢と憧れが、
おぞましい、血なまぐさいニンゲン史の「物語」へ置き換えられてきたのだ。
うーむ、“旅”は、キレイなものしか見えない若い時のモノですネ。

35257228716_a78b5b55d6_z.jpg
Photo by nparekhcards

毎晩on bedで胸躍らせた『イリアス』『オデュッセイア』の舞台が、
今は輝きを失って、あんなにも「この辺りをくまなく訪ねたい!」と燃え上がった
情熱が、「キクラデス諸島のナクソス島も……輝いてくれないんだなぁ」と。
まあ、いいか。20代、40代、50代と、訪ねるたびに地中海のimpactは、
日常性に変ってきた。そして70を超えた現在、
美や感動は、脳が創造するものなのだろう、と妙に褪めている。

しかし……、この脳の躍動は、何なんだろう?
次々と、白い紙面に並ぶ活字に、途方もなく魅力的な世界が、
広く、深く、広がっていく。今、脳が新しいdomainを開拓したのかも知れない。
るんるん! これは、とてもvividなのだ! なにしろ、移動ナシ、交通費0がいい。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 12:33 | 季節の小話 | COM(0) | TB(0) |
2018.05.31

野鳥たちの時差出勤&律儀なheart attack!

5月中旬のこと。まことに麗しい日々が続いていた。
陽射しはキラキラと、こぼれるばかり。
早朝(そうでもないか?)5時ごろから、さまざまな野鳥たちが、
次々に出勤してくる。驚くほどキチンとした“時差出勤”である。
ナントカ鳥が、ピースパ、ピースパ、ひとしきり声を張り上げると、
いつの間にかピーヨイ、この連中に代るのは、
Ψ? プサイプサイプサイ、そしてイーヨ、イーヨという具合。
全カラーの分厚い大判の『野鳥図鑑』があり、鳴き声も書いてあるが、
無精な朝比奈には追跡不能。すると「イーヨ、イーヨ、チチチッ」と同意してくれる。

33409981602_114a2b116a_z.jpg
Photo by Derek Keats

連中は、C.ダーウィンが、動物生態学でニッチ(ecological inche)と呼んだ、
生体系における棲み分けを、律儀に守っている?
「ううっ!」と、朝比奈は左胸部を押さえた。heart attack!である。
数年前から、コレに襲われる。心電図に始まりPETからトレッド・ミル、
24時間×1週間にわたる日常生活中の心電monitoringなど、現代検査のほとんどを
行い、病院の医師たちはバンザイしてしまったが、薬剤を処方した。
原因のわからない症状に対して出される薬剤は、「服用しない!」のが、
朝比奈の流儀だ。これは富士登山の高山病(→コチラ)についても、同様であった。
パートナーとともに、netで世界中の情報を探しまわった。
結論は出なかったが、ヒントはcatch!  犯人?は、紫外線である!

哺乳類・鳥類など、多くの動物たちの体は、紫外線量のsignで、
生殖活動の準備に入る。ネコなどは2月(関東地方)くらいの紫外線に反応している。
して朝比奈の心臓は? 紫外線量のsignが入っても年寄りだから、不要だから、
生殖ホルモンが的確に作動しない。NEURONネットワークにしてみれば、
「コレ、ヤバイッス!」というわけで、あちこちに情報mismatchが発生し、
律儀にたんたんと業務遂行している「心臓」君まで、「どうすりゃいいんだ!」と、
パニクリ状況に突入! というわけ。

事情を突き止めた朝比奈は、以下の処置を行う。
○静かに、仰向けに横たわり、眼を閉じ、衣服をゆるめ、全身の力を抜いて、
 心臓マッサージ。
○深く、長~い呼吸をしながら、全身の脱力度を高めていく。YOGA瞑想のコツだ。
○周囲に人がいる場合は、カーテンなどで外光を弱めてもらう。
○YOGAスライド(→詳細はコチラ)の方法で、
 全身表皮に展開しているNEURON活動を、Cool down の要領で、整えていく。
以上で、15~20分も休めばOKである。

一般に、少なからざる人々が、あわてふためき、救急車を呼ぶなど大騒ぎをする。
救急車が到着するまで、どうするの? 周囲の人々が慌てふためくほど、
本人の緊張と不安は高まり、心臓の負担は加速するばかりだ。

YOGAの本質、「つまびらかに自身を知る」ということ、scientificな知識と
それから導かれる冷静さこそが、自身を守ることになると思う。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 11:33 | 季節の小話 | COM(0) | TB(0) |
2018.05.07

バラと野鳥のGolden week

Golden week中日のこと、東京都心は、うららかに晴れ上がっていた。
数種の野鳥たちが、さまざまな声調で、美声を競って愛らしい。
ピンク、真紅、緋色の大輪のバラも、クリーム色の小花がギッシリ手まりのような
ツルバラも、負けじとばかりexhibition!
5月生まれの朝比奈は、May flowersに祝福されたような気分でルンルン。
そして、「May flower」といえば青春のシンボルであり、
その花は「Hawthorn」(サンザシ)、花言葉は「希望」である。
食いしん坊の朝比奈は、サンザシと聞けば、あの甘酸っぱいエンジ色の、
ドライフルーツを思いだす。

27178687575_51fb4f95e1_z.jpg
Photo by troutcolor

のどかなのにvivid. まるで光のつぶつぶ(光子)たちが、躍って回って、
ぶつかりあって、笑いころげてキラキラ輝くみたい。
野鳥たちが、チチッ! チーチーッ、チョチョ!チョヨイ、ピー、ピョヨヨ……。
ああ、いろいろ。野鳥図鑑を持ってこよう。
うーん、写真は似てるけど、鳴き声が違うみたい。
「ちょ、ちょっと、動かないで、おとなしくしてよ」
カーカーカーカッ! 「お前が来ちゃだめ!」
ほら、みーんな逃げちゃったじゃない。
あーくたびれた! bird watchingって、たいへんだなー。

16252948791_2f4988564a_z.jpg
Photo by tsbl2000


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 12:43 | 季節の小話 | COM(0) | TB(0) |
2018.02.05

猫の恋が、もう、そろそろ始まる!?

左手も背後も、やわらかいけれど強い陽光が躍っている!
季節とは、正直なものである。昨日は、立春だった!!
都心は2回の降雪で、冬木立がすっかり潤ったらしい。
桜の樹皮は、すでに爛漫の開花の準備を終えて、うるうると紅を含んでいる。
天然自然の営みは、力強く着実だ。

今朝の瞑想時に感じたことを、ふと、桜の樹皮が謎解きをしてくれた。
Vibration! 振動、の明らかな変化である。
太陽から地球へ届く光の角度で、光の含むさまざまな波長の量が変わる。
紫外線が増えてくる。この紫外線をcatchしたcatsの脳は、
生殖ホルモンの増産を指示する。そう、“猫の恋の季節”が始まるのだ!

猫たちだけでなく、ヒトも同様に違いない。同じ哺乳類なのだから。
しかし、実際はどうだろう?
ヒトは、人工の電磁波(ちなみに紫外線も電磁波)に浸っている。
新聞記事に、子供たちのGame 浸りが、しばしば取沙汰されている。
しかし、人工の電磁波浸りに、深く思いを巡らせるヒトは、どれだけいるだろう?
煎じ詰めれば“+ VS -”のバランスではないか?
まだヒトは、soft ware に慣れていないのだろうか?
たとえばGameにしても、われわれ生命体の進化そのものが、Gameだ!
Gamble にしてもoddsと確率は不可分。DNAは、Gambler である!
oddsと確率に対する直感的センスは、子供のうちから磨くに越したことはない。
生命体が生き抜くための、最重要な能力なのだから。

子供たちに対する「Game指導」が、ある意味で理想的に行える大人たちが、
今日の日本に、どれほどいるだろう? 初等・中等教育の教師陣にしても同様だ。
むしろ、学習したことのTEST & TEST攻めの方が、問題なのでは? と思う。
教師陣こそ、Game sense を磨くべきではないか?
な~んか、教育現場の本質に「違和感」を感じる。
「教師の仕事量があまりにも多すぎる」と、しばしば報道されている。
あまりにも見当はずれのコトども?に、
「教育の名の下で」時間を費やしているのではなかろうか?

21531611483_814a29337d_z.jpg
Photo by Bahadorjn


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 14:02 | 季節の小話 | COM(0) | TB(0) |
2018.01.09

今年は春から縁起がいいようで……

「年があらたまる」というのは、なんか、いい気分がする。
しかし「あらたまる」という言葉自体には、「良くなる」と「悪化する」と、両義がある。
つまり、前年の年末までが良くなければ「良くなる」のであり、
まあまあ良かった場合には、
その水準より悪化へシフトする可能性もあるわけだ。
今年のあなた、そして私は、どう予測すればいいだろう?

となると、朝比奈は ①A3くらいの大きさの、白紙を広げる。
次は、ランダムにアタマに浮かんだコトゴトを、②付箋1枚ずつに、簡単にメモしていく。
例えば、A)海辺の温泉旅行 とか B)仕事でポイント稼ぐ、
C)love love相手がみつかる……なんて具合。

この時、何月の上旬・中旬・下旬とか、こだわりの日付など書いておくとbetter.
先のA3の紙①に、1月~12月までのスケール枠を書き、
フセン・メモ②を、月毎の枠に貼りつけていく。
★この時、「付箋の色分けがあるといいなぁ」と思うヒトは、
 あらかじめ、仕事とか友人、家事、目標etc. と、コトゴトを分類して
 各色を当てておくと機能的、そして色分類表を書いておくと便利。

●さあ、ちょっと顔をA3の紙から離して、俯瞰してみよう。
 色とりどりの付箋がヒラヒラして、なかなかキレイである!
 じっと見つめているうちに、付箋の色のバラツキやカタマリが目に届く。
 Oh! と、分類表と照合してみると、事情・事態が読めてくる。ふむふむ。
 我が深層意識状態も透けて見えてきて、うーむ、深い!

●そこで、欲望達成度を上げるために? 昨年の傾向から是正点を引き出し、
 本年の対策を考える。
 と、このプランは、年々歳々偉大なる効力へ向かって進化するのだ!
 付箋を、あっちへやったり、こっちへ張り替えたり、新顔を追加したり……、
 とまあ、なかなかオモロイひとりゲームである。

★そしてさらに、上級techへversion up !
 さまざまなsimulation models を作って、月・日ごとに付箋の組み合わせを換える。
 例えば、昨年の3月は、彼(彼女)とうまくいかなかったけど、
 この条件付箋を、4月に移動してみたら、どうだろう? とか。
 そんな、こんな……の膨大な組み合わせ(なんてったって12カ月分)を
 いじくっていると、色んな事情・状況が見えてくるから不思議だ!?

実は、不思議でも何でもなく、
「常日頃は、いかにアタマの限られた回路だけしか使ってないのか!」という、
事実が見えてくるだけだ、ね。
 となると、彼(彼女)へのAttack 作戦・戦術、あの手この手がワンサカわんさか。
(ちなみに、仕事作戦だってOKなのだ!)
ああ、今年はナント! 春から縁起がいいようで。
そう、「縁起」とは、条件と結果の連鎖なのです!
Good luck at the beginning of the new year!

DSC02289_2.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

Posted at 11:03 | 季節の小話 | COM(0) | TB(0) |