information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.04.18

高2殺害「たまたま」

以前このblogで、コリン・ウィルソンの『殺人の哲学』を紹介した(→コチラ)。
同書の日本語版の出版は1970年(初版)である。
同書には、殺人スタイルが歴史的に考察されている。
その、米国のおける“現代”が、もうとうに、日本にやってきていたのだ!

「県警は計画性の有無について、慎重に調べている」と報道されている。
一方、「容疑者、計画性を否定」と。
これは量刑の問題で、重要なポイントとなる。
新聞記事を読みながら、警察や検察、弁護人、裁判員の皆さんは、
『殺人の哲学』をお読みだろうか? そして、もし未読なら、
皆さんで読み、group sessionをしてみたらどうだろう? と思った。

こうした事件は、量刑の問題ではなく、時代・社会の意識構造の変化と、
それに対する対応、“safety guard”の問題ではないか、と思う。
一般的には、まず、精神鑑定が俎上に上るのかも知れない。
しかし、精神鑑定というのは「原因において自由な行為」つまり、
医学・心理学などの見地から、精神に異常が見られると判断されれば、
「原因において自由な行為」として、措置入院などにはなるが、罪にはならない、
ということだったと記憶しているが……。

上記の『殺人の哲学』で述べられている「時代性」は興味深く、重い。
怨恨とか金銭・男女間などのトラブル……、といった「理由」「心的因果関係」がなく、
まさに“たまたま”で、計画性がないのである。

11639927364_9315598284_z.jpg
Photo by ocdeluxe

これが、『殺人の哲学』で述べられている米国20世紀後半からの
殺人の“ある”スタイルだ。
もちろん、緻密に原因となりそうなコトを調べ、それらを積み上げていくことで、
じわじわと負のvoltageが上がっていくprocess、閾値を超えるタイミングなどは、
合理的に並べられる。しかし、
ただ閾値を超えたというだけでは、行動にまでは至らないらしい。
それは、最初の時点の場合だけ、のようだ。
2回目からは、閾値に達するどころか、かなり自動的に遂行されてしまう。
「計画性」などは全くない。凶器類は、ほとんど無自覚に常備されている。
そして驚くべきことは、ごく平均的な人々一般が、ルーティン勤務に就くような
自然さで、パターン化された殺人実行手順が遂行されるのだ。

これは、20世紀後半の英米などで、話題になった殺人スタイルだ。
目的は「殺人そのもの」で、機械的・systematicに実行される。
興味深いのは、殺人者はその手際のよさに陶酔していくことだ。
なるほど、手際にこだわるなら、「計画性」など論外に違いない。
殺人者の年齢ゾーンは、欧米のsensationalなケースでは
20代後半~35歳前後がピーク。欧米同様の「意識構造の時代」が、
日本の文明・文化の中にもやって来たのかも知れない。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 11:00 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.16

ご返信、ありがとう!

黒川健世さん。Replyありがとう!(→コチラ
びっくりしました。丁寧な内容で、とてもうれしい。
「稚拙な文章を失礼」なんて、トンデモナイ。立派です。
そもそも、私どもPRO.がご返答するのは、あなたの文章(つまり思考構造)に感動し、
「この方向を多様化させ、どんどん成長して欲しい」と、老婆心から願うからです。

ちょっと心配したのは、黒川さんが、あまりにも“老成した思考構造”で、
“老成した文章”だったからです。「文は人なり」といいますが、
朝比奈は、「文は、脳システムprocessの表出」と捉えています。
これから先、世の中は幾何級数的なスピードで進化していきます。
それは、宇宙の構成トレンド。だから、あなたのように優秀な方には、
あなたの年齢なら、もっと奔放なブッコワレタ部分が必要なのです。
つまり、宇宙スケールの複雑化に、なんとか歩調を合わせて生きていけるということ。
それには、多様性とかrandomnessが欠かせません。

朝比奈が心配したのは、新聞掲載のあなたの文章には、
「年長者の手が入っていたのではないか?」ということです。
それは最も困りものですが、もしそうでない場合は、
あなたがすでに老成の域へ入ってしまっているということ。
これは、成績の優秀な人がよく陥るケースで、大成しにくい。
世の中はどんどん変わる。“老成”しては先がないのです!

「必要な考え方は何かを見極められる人間」うーん、これもロウジン的だなぁ。
猛烈なスピードで、とてつもない領域へ向かって、多様に、randomに
突っ走っている現代。必要な考え方は何か? なんて、ナイに等しい。
どんどん当たって、砕けて、体感していくしかない! とにかく行動あるのみです。
現に、あなたの投稿という行動から、ヘンな婆さんがaccessしてきたでしょう。
あなたは、社交辞令的に「稚拙な文章を失礼」とおっしゃいますが、
文章に「稚拙」云々はありません。
文章とは、技術ではなく、passionと、日ごろの思考構造です。
今後のあなたが、心に留めた方がいいかな? というのは、あなたの“年寄りじみた”
表現規制をトッパズスこと。まず、「失礼」なんて、驚いちゃいました!
ホント健世さんは、オバチャンねぇ。
もしよかったら、そのアタマ、なんとかしましょうよ、グットやわらかく。

そうそう、このblogにも載せたけど(→コチラ)、
『ご冗談でしょう、ファインマンさん(上)・(下)』(岩波現代文庫)
が、オススメ。ノーベル賞物理学者のアタマがいかにオモロク、柔らかいか!

feynman.jpg

余計なオセッカイだけど、もし現在、
あなたの文章をcheckしているオトナがいらっしゃったら、願い下げしましょう。
なぜ? あなたの今後、開花する脳力を減速してしまいそうだから。?
脳力・能力は、障害にぶっつかってナンボ、
さまざまな世界体験と危険や成功を知ることができ、
全部(もちろん悪いことだって/バッカダナーって)財産になるのですから。
ご成長とご成功を祈りつつ、失敗も教えてね。失敗シナイヤツは成功もしない!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 16:15 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.13

ああ、時間に追われているのに!

このクソ忙しいのに、職業習性で毎朝、新聞の書籍広告を見てしまう。
そして腹を立て、blogで八つ当たりするのです。どうぞ、お笑いを!
今朝の沸騰は、
「一人でいることに、誇りを持つ。すると人生が拓けてゆく!」というcatch。
書籍名は『極上の孤独』だと言う。

ちょちょっと、待ってください!
驚きの第一弾は、“誇りを持つ”だ。「埃」? の誤植ではないかと、再度確認。
誰が? ホコリなんか持ってるんだ? 掃除しなきゃ、ダメでしょう。
視力が弱くなって見えないけど、ホコリの中にはバイキンがウヨウヨなのだ!
「孤独の効用を語り尽くす」という同書、メニューは色々勢ぞろい。

★「年をとると品性が顔に出る」?
★「孤独を知らない人に品はない」?
★「孤独を知る人は美しい」?
★「素敵な人はみな孤独」?……

なかでも「孤独を味わえるのは選ばれし人」というのには、正直マイッタ!
「選ばれし」って、誰に選ばれたの?
ああ、何歳だか知らないけれど、
「あなた、ミッション・スクールのお嬢ちゃん?」
どうでもいいけど、この手の本を買う人は、
どこまで行っても、どんどん孤独にまっしぐら、じゃない?
だって、そういう人の孤独は「自分が華々しくちやほやされない」ことが原因。
人間、歳をとれば、介護施設内でなければチヤホヤされない。
にもかかわらず、世間で、いつまでもチヤホヤされたい?
これは根深い! 本態性孤独なんだから。

14221720138_03742afa8b_z.jpg
Photo by iamsch

あ!ヤバ! もう、始まっちゃう! と、まあ、
本日もうるうるするTV番組、「場と時間空間の物理」。
放送大学の授業へGo!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 16:58 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.06

あのカキの種? は、宮城産だったのか!

もう20年も前のことか?
パリ、シャルル・ド・ゴール空港、国際線のレストラン。
でっぷり、太った生カキの話である。
「旅先で、お腹を壊したら目も当てられないからねぇ」と、パートナー。
隣のテーブルの日本人が、にやにやしながら、目をキラキラさせて頬張っている。
「いっちょ、挑戦してみよう!」と食い意地の張った朝比奈。
うまい! うまい! 目をクルクルさせながら、隣のテーブルのオジサンと合点!

(……詳細はこちらのブログで紹介しています)

ナント! あの、おいしいカキの種は、1960~70年代に絶滅寸前になったフランスへ、
東北大学の研究者の指導の下、宮城県のカキ養殖漁師から贈られた種ガキ
(朝日新聞2018年4月3日記事“てんでんこ”)の子孫だったのだ! と感無量。
『縁は異なもの味なもの』というが、マコト、味な話である。

ふと、あの隣席のオジサン、今ごろどうしているかしら? と、
まるまる肥えた生カキを、ちゅるりとすすって、
頬張った満面の笑みが、キラキラと鮮明に蘇った。
ナント! 食べ物の縁というのはenergischなことか。

164929466_a8d2353ddb_z.jpg
Photo by adactio


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 12:19 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.03.13

口に戸をたてる??

昨日の続きです・・・・・・

1950~60年代くらいまで、日本社会には「口に戸を立てる」という言葉があった。
タテルを辞書で引くと、「閉てる」ともある。
つまり、「口を閉ざす」ということで、この土台には
「無言は金・雄弁は銀」とか……、いまだに生きている?
「忖度」(そんたく)などという言葉があるし、
「不立文字」などという、ワケノワカラナイ熟語もある!
つまり言語communication の否定である。

1720023617_f15f8bc3c1_z.jpg
Photo by k14

これは、人類進化(特に脳)のprocessで、最も重要な推進力・発展力になった
言語communication の否定にほかならない。
この歴史が、今日、未曽有の身体的発展を手にしたヒトビトに、
どれほど重い問題を投げかけているか! 長寿 VS 認知症 である。
前回のblog(→コチラ)で、朝比奈が「シナプソロジー体験」をしたことを述べた。
およそ2時間の「お話&体験」後の〆に、質問者は朝比奈だけ!
この事実こそ、受容体modeに終始し、脳内のrandom accessはblockされ……、
つまり、脳の活性化は行われていない状態と言えよう。
これで、帰宅してから「条件じゃんけん」playを、どれだけやってみる?

「シナプソロジーmenu」はとてもよくできていて感心した。が、
もうひとつ感心したのは、“論理構築能力”は一切、無視されていること。
ひとえに、条件反射有為である。
本来、脳には、年齢を重ねるほど、論理回路networkが増えていく。
だから、忘れたコト、思い出せないコトも、
丁寧に論理回路networkをたどっていくことで、思い出すことができるし、
その途中で、思いもかけなかった繋がり事象とのmatchingも起こる!
「ああ、そうだったのか!」という、アレである。
これこそ、高齢脳ならではの脳力・能力なのだ。
神経細胞Synapse の network 能力を狙うなら、ここを重視するべきでは?
これこそ、蓄積情報の多い高齢者のmerit といえよう。

ところがなぜか? 高齢者の脳力維持(開発?)「menu」は、若者・子供向けだ。
そう、理由は、若いヒトビトの脳が、自分たちの脳を基準に考えているから。
まず、「Synapse network」とはどんなモノか?
毎度このblogで朝比奈は述べているが、身体強健な高齢者が、
何十㎞も徘徊して、周囲を困らせている例が後を絶たない。
反射運動ゲームまがいの体力・能力増強の賜物とも言えるのでは?

高齢者対策に関わる人々は、本質的なrevelでモノゴトを考えて欲しい、と思う。
認知機能の低下は、その前段階の「情報の把握力」「表現内容の構築力」「表現力」など、
脳の基本的な能力を活性化しなければ、どうにもならない。
それは、日本の多くの高齢者に見られる
「疑問を感じる・考える・質問をする・意見を述べる」という、
最も基本的な脳作業に対する、注目度の低さにあるだろう。
今回も、講演者に質問をしたのは、朝比奈だけだ。
コウルサイ婆さんかも知れないけれど、
講演者にも聴衆にも、meritはあったはずだ。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 09:58 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |