FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2018.08.01

猛暑+烈暑=地球の未来は?

連日、各地で、とんでもない高温が記録更新されている!
なんとこれが、地球規模で起こっているのだから、どうしようもない。
地球温暖化現象が、排出ガスによるものと言われていたが、
今夏の凄まじい地球規模の暑さは、そればかりとは言えない?
何しろ数年前から、北極の氷海や南極の氷河がどんどん融けている!
北極のシロクマ君たちは、氷上生活がままならず、エサも取れずに、
やせ細ってきているらしい。
南極大陸でさえ、巨大氷河が分離!分裂! という状態なのだ。

猛暑だから、熱中症予防にクーラーをON! すると、
クーラーの稼働排熱で、またまた気温上昇! と、悪悪循環が加速する。
どうしよう? この規模になってきたら……。
ここ数カ月、太陽の黒点がない状態が続いていて、太陽が沈黙する前兆
かも知れないというのだが、そうなればこの炎暑のモトがなくなる?
そして低温化が始まる? しかし、宇宙スケールのおシゴトとなると、
「太陽クン、よろしく」というわけにはいかない。

15430820129_bdb34eeb91_z.jpg
NASA's SDO Observes Largest
Sunspot of the Solar Cycle,
by NASA Goddard Photo and Video

いろいろ考えた結果、
ヒトのアタマのNEURON活動の排熱もハンパじゃないし……、
すべての活動を低レベルにシフトするしかない!

そうだ! そこで古代インドの知恵、YOGAである!
瞑想で、生体の活動レベルをどんどん下げ、排熱を減少させるのだ。
これは、たしかに涼しい。少なくとも、そんなに暑さを感知しないですむ。
なるほど! ここはひとつ、のんびり瞑想をやって過ごそう……ムニャムニャ。


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト
Posted at 12:57 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.06.26

カメとネコが大集合!?

明るい海を背に玄関へ入ると、ほの暗いカウンターの上に、
カメ君が勢ぞろいで出迎えてくれた。大・中・小すさまじい数である!
ビックリ仰天の朝比奈に、「最初、少し手元にあったのを並べたら、
皆さんが、世界各地からのおみやげにお持ちくださって」と、
さっぱりとした奥様のお話。
もうずいぶん昔のことだが、作曲家・團伊玖磨氏のお宅を訪ねた時のことである。

カンドーした朝比奈、実はその頃、那智黒(那智石)のチビカメ2匹をもっていた。
そうだ、カメコレをしてみよう! と思い立って、以来、ぼちぼちと、
旅先でカメを見つけては購入。
シエナのカメ、ローマのカメ、ナポリのカメ、瀋陽のカメ……。

DSC02363-2.jpg

そして王者は、全長35.5㎝、タイマイのはく製。これは、超貴重である!
というのは、1975年に絶滅危惧種B類に指定され、
環境省のレッドリスト入りしており、ワシントン条約で捕獲禁止になっている。
朝比奈のタイマイ君は、それ以前、鼈甲細工華やかなりし頃に展示用として
輸入されたものだったということは、購入時にcheck済。

♪もしもしカメよ、カメさんよー♪でおなじみの、歩みのノロさが、
朝比奈にきょうだい愛を彷彿させ、それが彼をこよなく愛する理由である。
まあ、そんなこんなで70年も、海底ならぬ世間底を這いずりまわってきたけれど、
時より、スーイと南の海の、サファイア色の海面近くをゆったり泳ぐ。
いいなぁ、カメの寿命は長いというけれど、の~んびり、ゆらゆら生きてみよう。

「そうそう」、と相槌を打つのは、おちゃめなネコ群。
ロンドン、パリ、ザルツブルグ、ミラノ……からやってきた、
生意気な目つきの奴らが、なんともかわいいのだ!

DSC02369-2.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 12:29 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.06.22

Oh! 待望のオレオレ電話がやってきた!

朝比奈は70歳のお婆だが、先方は、素寒貧であることを知っているのか、
“オレオレ電話”がちっともかかって来ないから、ちょっとヒガンデいた。
ところが水曜の午後、ひとりでいる時に、電話がかかってきた。

PM 4:20ごろ、着信音が鳴った。
Privateのつもりで受話器を取って「はい」と言うと、「オレオレ」。
Oh! ヤッター! ついに来た! るんるん! するとまた、
「オレオレ」。
「どちらさま?」 プツンと切れた。
ああ、コレ、オレオレ詐欺の電話? 楽しみにしていた……。
しかし、こんなにアッサリ切れてしまうのに、
なんで、“フリコミ”が成立するのだろう? せっかくの取材Chanceにショボン。
そう言えば先日、「この地区で振込め詐欺事件が発生しています……」と、
警察の広報車が巡回していたっけ。

取材Chanceを逃がして、タダじゃ取材は無理かー、と。
それにしても、「どちらさま?」という至極当たり前の問いかけにプツン!
なのに、どうしてわざわざ“フリコミ”に出かけるんだろう?
警察のカラーパンフを見ると、「合言葉を決めておく」とか……いろいろ。
なぜ、「どちらさま?」でなく。しばらく考えて、合点がいった。
1つは、息子や男孫が「オレ」と名乗り、「ボク」や「ワタシ」と名乗らない
ことを前提にしている。
2つ目は、双方が相手を確認し合う、という習慣がない。
なるほど、日本社会では、こうした生活習慣が一般化しているのかも知れない。
これは、「詐欺行為」より驚きの「生活習慣」である!

それにしても、あの「オレ」は、ナント簡単にプツンだったのか。
電話料金より、足がツクことを恐れるのだろう。
先日の広報車のアナウンスによれば、今月の被害も凄まじい額に上っている。
なぜ? 老婆たちは、普段は他人に対する猜疑心が呆れるほど強く、
お金を出すことには、驚くほど警戒する。
朝比奈などは、親切にさまざまなアドヴァイスをしていても、
「お金を取られるんじゃないか?」と疑われ、
「blogを見てね」なんて言おうものなら、「何かを売りつけるんじゃないか」と、
警戒されている。つくづく人徳の無さを噛みしめているのだが。
詐欺たちは、どのように人徳(とにかく彼らは得する)を磨いているんだろう?

4641321248_0210c46c37_z.jpg
Photo by Venture Vancouver

5753796636_8b14b36e80_z.jpg
Photo by Brian U


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 13:02 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.05.14

すぐれた品性や人格へ向かってGo!

人徳という言葉がある。「その人に備わっている徳。」と、明鏡国語辞典。
「その人に自然に備わっている徳。」と、広辞苑。
そして「徳」とは、「善い行いをする性格。」(広辞苑)、
「修養によって身につけた、すぐれた品性や人格」(明鏡国語辞典)だ。

なるほど、朝比奈は「人徳」がない、ということを悟った!?
しかし、「善い行いをする性格。」については、かなり評価できる、と思う。
自分ではそう「思っている」のだが、
世間の見方はかなり、大いに、決定的に、違う! ようである!?
“胡散臭いヤツ”という、極度の先入観を持っているヒトも少なくない、らしい。
「らしい」というのは、数年たってから「そうじゃないんだ!」とわかるヒトもいるから。

本人は、それはワカラナクモナイが、そう胡散臭がらなくても……と思う。
「胡散臭い」というのは、「どことなく疑わしい。なんとなく怪しい。」と広辞苑。
なぜか? ということが、やっぱり気になり、ごく身近なヒトビトに訊ねてみると、
どうやら「ワケのわからないヒトだから、信用しにくい、ということでは?」。
さらに追求していくと、「そういうシツコイところも、私たちは慣れてるけど」と。
なるほど、なるほど! たしかに!
しかし朝比奈の言い分は、「ドウデモイイコトだけを、
さらさらチャラチャラ話すなら、とくに話などする必要はないだろう。
何か、問題意識があって、それを中心に、お互いがいろんな角度から、ナンダカンダと、
意見や思いを言いあって、はじめて“話”をした意味があるのでは?」と。

「一般的には、そういった“話”をしたくない人もいますよ」
「わかった! 了解! 前に、高齢期に入っている女性たちのところで、
 『あんた、なに考えてるの? バカじゃない?』と言われたけど、今やっと、
 わかったような気がする」
「たぶん、その人たちは、論理的にアプローチされたり、
 情報を入れつつ組み立てて話されても、困るんだと思います」
「なるほど! でも、『バカじゃない?』というのは、ヒドクない?」
「いや……、話の内容が理解できなければ、たいていの人が、
 自分のアタマのせいにするより、相手が悪いと思うでしょう。まして、
 大学の先生や有名人でなく、普通の同年齢の女性なのだから」
「わかった! でも、胡散臭がられるのは、なぜかなぁ? よほど、人徳がないのか」
「ヒトは、理解できないことは、まず疑う」
「世の中には、難しい言葉をやたら使って、大したコトも言ってない先生も
 少なくないけどね」
「それはOKなんですよ。内容の無いことは、理解しやすいから。それで、
 言葉だけ難しそうなら、すごく高等な話がワカッタ! という満足感」
「Oh! 了解。でも、私はマジメだし、親切だから、ホントにわかってもらおうと」。

結論は、「善い行いをする性格。」はあっても、
「修養によって身につけた、すぐれた品性や人格」がない! ということね。
ふむ、ふむ納得。「すぐれた品性や人格」が身に付くよう「修養」に励もう!


4639864914_ba3a564d8b_z.jpg
Photo by marcusrg -
If you fav, please,
be kind and comment


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 12:21 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |
2018.04.27

食のパラダイム・シフト

このところ、新聞の折り込み広告と郵便受けへの投入広告に、
異変が起きている! もちろん、朝比奈居住の狭い地域のことかも知れない。
異変は、食事セットの宅配メニュー、米や野菜の産地直送パンフの、
驚くべき多さ。だが、それらを並べてじっとアタマを巡らすと、
高度情報時代の姿、そしてコスパ(cost performance)思想を徹底させた
Business 戦略のトレンド、流通革命の姿が浮かび上がる。

先日、たまにはlunchを外で、とサービスtimeに出かけた。
3軒がcloseしていた。ほんの1カ月ほどの間に、である。
翌朝の折り込み広告と、郵便受けに入っていたチラシ広告で納得!
たしかに、盛り場&その隣接域でなければ、この方が効率がいいのだ。
店舗面積と客の滞留時間と売上効率を計算すれば、
かなりの規模の盛り場&その隣接域でなければ、コスパが悪い。
つまり、飲食の「飲」+「遊」がなければ、1日当りの売上率を伸ばせない。

ここで、「食」と「飲」+「遊」を、キッパリ2分化する、
極めてコスパのいい方へシフト!
つまり、「地価」と「人件費」を極限まで圧縮する。
そう! 出前に徹するのである。キッチン、電話、パソコン、
ヒトは料理人と、バイクでバイトの時間限定delivery staffでOK.
使い捨て容器だから、回収なし、洗浄なし、と合理的だ。
驚くのは、チラシ広告、電話応答など、すべてがほぼ同一スタイル。
たぶん、専門のdelivery開発会社がsystem化しているのだろう。

DSC02352_2.jpg

ともかく、顧客の方も極めて便利なのだ。
電話をする → 登録された(一度、利用すると自動登録)名前を言えば、
届け先と名前の確認が行われ → メニュー番号と時間指定でOK。
バイクでお届けのオニイサンたちは、いずれも礼儀正しくイケメンでかわいい。
ナント! このチラシが投げ込みラッシュなのだ。
各店ともメニュー構成と素材・価格の競争に注力。
そして、中小店舗がどんどん閉鎖! たしかに店舗を持つより、
はるかにコスパがいい。そして、1人暮らし生活にもコスパがいい。

今日はトンカツ? イタリアンか、和食か中華か天ぷらか……、
サラダくらいは自分で作る。
しかし、これではバチが当たる? と、自作にも挑むが、
米も玉ねぎも、重たいものは、FAXやMAILを送ると産地から飛んでくる。
ああ、10年ほど前に原稿を書いた、高度情報時代の生活が、目の前にやって来たのだ!


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


Posted at 11:34 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |