information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』
そして『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!
2017.07.24

縁は異なもの味なもの

『広辞苑』を引くと、「男女の縁は不思議なものであるの意」とある。
しかしこれは、「男女の縁」に限られたことではないだろう、と、
つくづく思う。世の中のすべてが、何らかの「縁」の集積のような気がする。
そしてそのそれぞれが、「異なもの」であり、「味なものである」と、
深く感動し、目を洗われるような感覚を覚える。

先日、「IS問題もそれなりに、とりあえず、収束に向かったようだし」と、
イスラームへの郷愁が立ち上がり始めていた。と、
事務所のトイレの入り口の傍ら(通常なら洗濯機置き場)にぶっ積んである、
書籍入り段ボール箱群の上に、チョコンと、
小振りで小粋な紙の手提げ袋が目を引いた。これは何? いつからここに?
袋の中を覗いて見ると、『仏教の思想』群。唯識と中観とアビダルマ、
つまり“認識”・“超越”、“〈空〉の論理”と、“存在の分析”がある。
これらに混じって『イスラーム哲学の原像』(井筒俊彦 著・岩波新書)があった!
早速とり出して見ると、フセンも立っていればサイドラインも引いてある。
つまり、かつて一応、勉強したはずなのだ。ふむふむ。

そして、また読み始めた。驚いたことに、今回、立てるフセンの位置も、
サイドラインの文章も、だいぶ違うのである。
朝比奈のパートナーは、書籍をサイドラインや書き込みで汚すことを嫌った。
しかし、「きれいに保存したいものは、また新品を用意しておけばいい」と反論した。
「ファッションなどへの投資を思えば、かなりの冊数がカバーできる」
ということで、朝比奈はつねにムクツケキ出で立ち暮らし、
見るに見かねたパートナーが、何くれとなく現物支給してくれていたのだ。

そして今回、「サイドラインや書き込み」の価値に、瞠目した!
おのれの脳、思考パターン(NEURONネットワーク)の、
爆発的進化を目の当たりにしたのだ! 何年の経過があったのだろう?
5~6年になるかも知れない。端的な例をあげれば、
文化人類学的、構造主義的な“思考の三角測量”ができるようになっているのだ!
ナントうれしいことだろう!! るんるん。
早速、故パートナーのポートレートの前で、「ほら、ね」、とVサイン。

“脳のシステム”を追っている朝比奈の目下の課題は、
井筒俊彦先生がやってきた、どちらかといえば心理学的な「意識構造の把握」を、
脳神経学的なアプローチで行うこと。
そして何よりも驚いた! イスラームの神秘主義も、
インドのブラフマン(梵)思想も、“瞑想体験だけで”
今日の脳科学の最先端を行く、脳機能の階層構造を
なんとリアルに物語っていることか!
彼らの論理性と、サイエンティフィックなアプローチ姿勢に感動。
なかでも、朝比奈の好きな(理由はまた後で)アヴィセンナの
“存在という偶有だけは、それが生起することによって〈もの〉が
存在者になるのだから”
(引用:P.147『イスラーム哲学の原像』)という、
まさに量子論的考え方が、ことのほか気持ちいいのである。

14424979508_43a7efcd12_z.jpg
Mosque, Yemen,
Photo by Rod Waddington


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。

スポンサーサイト
Posted at 11:38 | 未分類 | COM(0) | TB(0) |