FC2ブログ
information

書籍『クレオパトラⅦの追憶』(デジタル版&アプリ版、発売中!)は、
2000年の時空を超える女と男の心理を丁寧に読み解き、
歴史の真実をあぶり出す、洗練された高貴で華麗な愛の物語。

クレオパトラⅦを追って、UPされたのが
『YOGA COSMIC SYSTEM 0・1の彼方へ 能力覚醒独習法』と
『般若心経&YOGA 四苦・八苦の彼岸へ』。
on tour 気分も味わいながら、舞台裏話へのご潜入を!

そしてon tourから、グ~ンとWARPして
YOGAと瞑想のブログ“Open! Mind & Body,”へ!!
2019.08.28

脳と時間

8月半ば、旧盆を過ぎると、ぐんぐん“日が短くなる”ような感覚に陥る。
ひとつは太陽高度の関係で、北半球の日照時間は短縮に向かっているからだ。
けれどこの感覚は、年齢を重ねるごとに促進するようだ? なぜ?
脳の「記憶System」の老化processは、進化過程を遡行する!?
ちょっとややっこしい表現だが、簡単に言えば、
「歳を取ると、原始人脳に戻る?」ということかも知れない。
情報論で表現すれば、青少年期以降グングン急速に増加してきた情報の受容が、
“ゆっくり”“まばら”に移行してくるためかも知れない。
情報密度が落ちるから、「もう、今日も終わっちゃった、速いね」と認識。

日本語には、「時刻」と「時間」という概念がある。ご存知のように、
「時刻」とは電車の発車時刻のように、〇時〇分という限定された「時点」を指し、
「時間」は、「時」の「流れ」の一定区間を表している。しかし日常・一般における
「時間」は、「時刻と時間を併せたような概念」として使われているようだ。

「時間」を、哲学ではどのように捉えているのだろうか? 簡単にツマムと……。

Plato-raphael.jpg

プラトン(BC428~348)は、「永遠の動く影」といい、
アリストテレス(BC384~322)は、「運動の帯びる性質」と。また
アウグスティヌス(354~430)は、「過去・現在・未来を意識の3様態=記憶・知覚・期待に還元」
カント(1724~1804)は、「時間を空間とともに現象を構成する直感形式」と考え、
ベルクソン(1859~1941)は、「意識の直接的な流れとしての純粋持続」
ハイデガー(1889~1976)は「“現存在”の存在構造としての時間性を時間の根源」と見る。

ところが! 上記のような捉え方は、
現代scienceのparadigmにおいて急展開を迎えた。
アインシュタイン(1879~1955)の相対性理論の登場である!
ここで「時間」は、「物理系の現象の経過を記述するために導入される“量”」となった。
その基本的な性質は、「時間の一様性であり、物理法則は
時間の原点の取り方によらない性質である」と。そしてここから、
「エネルギー保存則」や「物理的な時間尺度→光速不変の原理」などが導き出された。

Oh! なんてこった! およそ2300年余りで、時間はかくも変身したのである!?
これはナンダ? ナンテコッタ! と、思わない?
上記をじっと眺めれば、「これはヒトの、認識&観念の問題で、
犬や猫etc. には存在シナイ!のでは?」と、思わない? 当たり前だ!?  と、
再認識しないと認識できないほど、今日、
ヒトは、時間にカンジガラメに縛られてしまっているのだ!

◆閑話休題◆
時間はゴムで、自在に伸び縮みするのだ!
今日、時間に追われて汲々としている人々は、この事実・原理を知らない人々で、
“時間の絶対性”という架空論理にカンジガラメになっている!
ちょっと、頭を冷やして考えてみよう! 前記の相対性理論である。
これを数式にするとE=MC2乗。
つまりEnergyはMass(質量)とC(光速)の2乗に比例する。ということで、
「光陰矢のごとし」とはスゴイ!? 実は、「矢」よりも「光」は途方もなく速いのだ!

そこで、どうするか? コトは簡単! 光速は不変だから、E&Mを変えよう!
そうだ! 食料と体重の関係調整、実質的には
Energy変換(燃焼効率)の調整で、メデタク理論的には問題解決である!?

Einstein1921_by_F_Schmutzer_2.jpg


ブログランキングに参加しています。
クリックお願いします。


スポンサーサイト



Posted at 16:24 | 哲学cafe | COM(0) | TB(0) |